[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

格闘技のニュース一覧

  • 妹分の引退入江聖奈へ「幸せになって」 五輪銅の戦友・並木月海、全日本V2後にエール

    2022.11.27

    アマチュアボクシングの全日本選手権最終日は27日、東京・墨田区総合体育館で各階級の決勝が行われた。女子ライトフライ級では、東京五輪フライ級銅メダリストの24歳・並木月海(自衛隊)が篠原光(青学大)に5-0の判定勝ちを収め、2年連続2度目の優勝を飾った。

  • ボクシング入江聖奈「良きカエル人になります!」 最後も珍コメント、謙虚に腰低く引退

    2022.11.27

    アマチュアボクシングの全日本選手権最終日は27日、東京・墨田区総合体育館で各階級の決勝が行われた。女子フェザー級では、現役最終戦となった東京五輪同級金メダリストの22歳・入江聖奈が、日体大で1学年後輩の吉澤颯希(さつき)に5-0の判定勝ち。2年連続3度目の優勝で有終の美を飾った。終始涙はなく、表彰台では「良きカエル人になります!」と珍コメントも炸裂。深々と頭を下げ、腰を低くしてリングを去った。

  • 入江聖奈、全日本V2で現役引退 最終戦は壮絶打ち合いで完勝、カエル研究へ大学院進学

    2022.11.27

    アマチュアボクシングの全日本選手権最終日は27日、東京・墨田区総合体育館で各階級の決勝が行われた。女子フェザー級では、現役最終戦となった東京五輪同級金メダリストの22歳・入江聖奈が、日体大で1学年後輩の吉澤颯希(さつき)に5-0の判定勝ち。2年連続3度目の優勝で有終の美を飾った。

  • ボクシング入江聖奈、現役最後の大会で96秒瞬殺劇 27日決勝へ「なんか卒業式みたい」

    2022.11.26

    アマチュアボクシングの全日本選手権第4日は26日、東京・墨田区総合体育館で各階級の準決勝が行われた。女子フェザー級では、大会後に引退する東京五輪同級金メダリストの入江聖奈(日体大)が美坂穂香(チャンプスポーツボクシングクラブ)に初回1分36秒RSC(レフェリーストップコンテスト)勝ち。2年連続3度目の優勝へ、27日の決勝に臨む。

  • 東京五輪銅メダルのボクシング並木月海、2戦連続RSCで決勝進出「純粋に楽しめている」

    2022.11.26

    アマチュアボクシングの全日本選手権第4日が26日、東京・墨田区総合体育館で行われた。女子ライトフライ級準決勝では、東京五輪フライ級銅メダリストの並木月海(自衛隊)が堀宝水(日体大)に3回2分37秒で2戦連続のRSC(レフェリーストップコンテスト)勝ちした。2年連続2度目の優勝へ、27日に決勝が行われる。

  • 井上尚弥、公開された4団体統一戦ポスターが話題 バトラーの「腹筋バキバキだなあ」

    2022.11.23

    ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)とWBO王者ポール・バトラー(英国)が12月13日に東京・有明アリーナで対戦する4団体統一戦のオフィシャルポスターが公開され、「このポスター欲しい」「写りが完全にターミネーター」「バトラーの拳がデカイ」との声が上がっている。

  • 井上尚弥、試合1か月前の「鬼の背中」が海外波及「強そう」「彼は常に仕上がりいい」

    2022.11.20

    ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)の背中が海外からも脚光を浴びた。12月13日に東京・有明アリーナでWBO王者ポール・バトラー(英国)との4団体王座統一戦を予定。決戦に向けて仕上がってきた「背中」が日本人ファンの間で話題を集めていたが、海外でも「強そう」「いつも体の仕上がりがいい」と注目を浴びた。

  • 井上尚弥、ドネア戦の熱狂再び 別角度からのTKO劇に米ファン反応「4団体統一まっしぐら」

    2022.11.17

    ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の衝撃TKOが再び脚光を浴びた。6月に、当時WBC同級王者だったノニト・ドネア(フィリピン)をTKOして日本人初の3団体王座統一に成功したが、米興行大手トップランク社はその瞬間に改めて注目。別アングルから撮影したものを公開すると、米ファンに「4団体統一まっしぐらだ」「モンスター」と衝撃を与えている。

  • 井上尚弥を挑発した斬新すぎる方法が話題 パンツに仕込んで「好感」「可愛さ感じる」

    2022.11.17

    ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)に対し、斬新すぎる方法で挑発を繰り出したスーパーバンタム級選手が話題を呼んでいる。なんと、自身の試合のパンツに挑発メッセージを入れて出場。実物の写真が拡散され、「なんて挑発の仕方ww」「何か可愛さを感じる」との声が上がった。

  • 井上尚弥、公開された「試合1ヶ月前の背中」が話題 もう既に「恐ろしさを感じる筋肉」

    2022.11.16

    ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は12月13日、東京・有明アリーナでWBO世界バンタム級王者のポール・バトラー(英国)との4団体王座統一戦に臨む。決戦に向け、徐々に仕上がってきた「背中」が公開されると、ファンは「そろそろ鬼から般若に…」「ずっと見ていたい」と魅了されている。

  • メイウェザーがついに被弾 “決定的証拠”に驚きの声「パッキャオ戦以上のダメージ」

    2022.11.14

    ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)が13日(日本時間14日)、ドバイで行われたエキシビションマッチでデジ・オラトゥンジ(英国)を6回TKOで倒した。英記者は試合後に顔が赤く腫れたメイウェザーの画像を公開。海外ファンからは「パッキャオやカネロよりダメージを引き起こした」と驚きの声が上がった。

  • リング外に“相手投げ飛ばし”の米ボクサーが釈明 「奴を持ち上げてなんかいない」

    2022.11.14

    海外ボクシングで相手をリング外に転落させた選手が釈明した。12日(日本時間13日)に米クリーブランドで行われたスーパーライト級12回戦。モンタナ・ラブ(米国)がスティービー・スパーク(オーストラリア)を投げ飛ばしたとされ、敗戦を喫した。米メディアが動画を公開。本人は「俺はあいつを押したけど、故意じゃない」と語っている。

  • 看護師同伴で入場した44歳名ボクサーに英笑撃「歩行器で出てきた」「素晴らしい冗談」

    2022.11.14

    ボクシングの元世界2階級制覇王者リッキー・ハットン氏(英国)は12日(日本時間13日)、元世界3階級制覇王者マルコ・アントニオ・バレラ氏(メキシコ)と英マンチェスター・AOアリーナでエキシビションマッチを行った。入場では歩行器を使い、看護師同伴で歩くパフォーマンスを披露。英メディアが動画を公開すると、海外ファンに「歩行器を持って出てきた」と笑撃を与えた。

  • 朝倉未来戦と一変 メイウェザーの友好的フェイスオフに米驚き「めっちゃぎこちない」

    2022.11.13

    ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)が12日、ドバイで行われる13日(日本時間14日)のエキシビションマッチを前に対戦相手のデジ・オラトゥンジ(英国)とフェイスオフを行った。友好的すぎるニコニコの対面。米メディアが動画を公開すると、米ファンから「どうしたんだ」と驚きの声が上がった。

  • ボクサーの“相手投げ飛ばし”が米物議 相手はリング外へ転落「突き飛ばしたな」

    2022.11.13

    海外ボクシングで相手選手をリング外に転落させる珍事が起きた。12日(日本時間13日)に米クリーブランドで行われたスーパーライト級12回戦。モンタナ・ラブ(米国)がスティービー・スパーク(オーストラリア)を投げ飛ばしたとされ、敗戦を喫した。米メディアが動画を公開すると、「審判は正しい」「最悪の判定だ」と米ファンの物議を呼んでいる。

  • 引退10年後に23kg超の大幅減量 44歳ボクサーに対戦相手も感服「変化に大変驚いた」

    2022.11.12

    ボクシングの往年の名選手が大幅な減量に成功した。44歳の元世界2階級制覇王者リッキー・ハットン氏(英国)は12日(日本時間13日)、48歳の元世界3階級制覇王者マルコ・アントニオ・バレラ氏(メキシコ)と英マンチェスター・AOアリーナでエキシビションマッチを行う。英記者は、1年前に210ポンド(約95.25キロ)以上あったハットン氏が23キロ以上落とした比較画像を公開。対戦相手のバレラ氏も「変化に大変驚いた。凄い」と語っている。

  • 1年間で23kg以上も痩せた44歳名ボクサーに海外驚愕「マジでシャープ」「減量キング」

    2022.11.12

    ボクシングの往年の名選手が大幅な減量をし、話題を集めている。44歳の元世界2階級制覇王者リッキー・ハットン氏(英国)と48歳の元世界3階級制覇王者マルコ・アントニオ・バレラ氏(メキシコ)が12日(日本時間13日)、英マンチェスター・AOアリーナでのエキシビションで激突。英記者は、1年前に210ポンド(約95.25キロ)以上あったハットン氏が23キロ以上落とした比較画像を公開した。海外ファンからは「マジでシャープ」「減量キング」と驚きの声が上がっている。

  • 井上尚弥は「パワーを取っても良い選手?」 Sバンタム級王者挑発「世界一と思わない」

    2022.11.11

    ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が近い将来、転級を視野に入れるスーパーバンタム級の2団体王者スティーブン・フルトン(米国)が米メディアのインタビューに応じ、井上について「世界一とは思わない」と挑発した。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集