[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴルフのコラム一覧

  • 「30代の活躍が当たり前の時代が来る」 新世代に抗う女子ゴルフ34歳菊地絵理香の努力

    2022.11.30

    女子ゴルフの今季国内ツアーは、27日までのJLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(宮崎CC)で全日程を終えた。今季も24歳以下の若手が多く活躍したが、ベテランの奮起も出立つシーズンだった。30代の優勝者は6人。その1人、菊地絵理香(ミネベアミツミ)の「執念と覚悟」に迫った。(取材、文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 女子ゴルフで生まれた「通算+35」の深層 首の寝違えから“スイングの沼”に陥るまで

    2022.11.28

    女子ゴルフの今季国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップは27日、首位で出た年間女王の山下美夢有(加賀電子)が優勝を飾り、幕を閉じた。一方で、同学年の西郷真央(島津製作所)は大会ワーストコース記録の通算35オーバーの最下位で終了。今季は開幕戦でツアー初優勝を飾り、序盤は出場10試合5勝。7月の海外メジャー・エビアン選手権では3位に入っただけに衝撃的な結果だった。原因は本人も認めた「第1打の恐怖」。今季の最終ラウンドを終えた後は、スイングに悩んできたことを告白した。以下はその一問一答で、ツアー通算6勝でスランプ経験者の天沼知恵子は「まずは、体と心の状態を整えては」と提案した。 (取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 11年ぶりV藤田さいき支えた所属先社長 「勝ってほしい」のに生中継を見なかった理由

    2022.11.22

    20日まで行われた女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスでは、藤田さいき(チェリーゴルフ)が11年35日ぶりのツアー通算6勝目を飾った。22日に37歳となったベテラン。1988年のツアー制施行後では、史上2番目のブランク優勝だった。藤田を支えてきた一人が所属先であるチェリーゴルフの南野剛之社長。元PL学園野球部で49歳の南野さんは、藤田がすさまじい努力してきたことを知る。勝ってもらいたい一心で意外な行動に出ていた。(文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 藤田さいき、涙ながらに感謝した夫の献身11年 包丁も持たせず、遂に果たしたV記念撮影

    2022.11.21

    女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは20日、愛媛・エリエールGC松山(6575ヤード、パー71)で最終日が行われ、1打差の2位で出た36歳の藤田さいき(チェリーゴルフ)が4バーディー、ボギーなしの67の通算21アンダーで優勝した。2017、19年賞金女王の28歳・鈴木愛(セールスフォース)を逆転し、11年35日ぶりのツアー通算6勝目。1988年のツアー制施行後では、史上2番目のブランク優勝となった。会見では、長く側で支えてくれた1歳上の夫・和晃さんへの感謝を涙ながらに語った。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田通斉)

  • 11年ぶりV藤田さいきを支えた亡きキャディー「ピヨさん」の言葉 「絶対に治すから」

    2022.11.21

    女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは20日、愛媛・エリエールGC松山(6575ヤード、パー71)で最終日が行われ、1打差の2位で出た36歳の藤田さいき(チェリーゴルフ)が4バーディー、ボギーなしの67の通算21アンダーで優勝した。2017、19年賞金女王の28歳・鈴木愛(セールスフォース)を逆転し、11年35日ぶりのツアー通算6勝目。1988年のツアー制施行後では、史上2番目のブランク優勝となった。

  • 史上最小146cmでプロテスト合格、大須賀望の秘話 救世主は娘を亡くしたプロゴルファー

    2022.11.16

    国内女子ゴルフツアーが活況を呈する中、今年も8月から日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)プロテストが実施された。今月1~4日には、茨城・大洗GCで最終プロテストが行われ、18位タイまでの計20人が合格者となった。1次予選からの総受験者数は、計649人で3.08%の超難関。突破に至るまでには、それぞれのドラマがある。身長146センチの大須賀望(おおすが・のぞみ)は、4度目の受験で突破。史上最も背が低い合格者は、娘を亡くしたプロゴルファーとの出会いで成長していた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 入れ替わりの激しい女子ゴルフ界 時代の変化に適応し続ける36歳上田桃子の「凄み」

    2022.11.14

    女子ゴルフの国内ツアー・伊藤園レディスは13日、千葉・グレートアイランドC(6741ヤード、パー72)で最終日が行われた。強い風と雨で上位勢は耐える展開になり、山下美夢有(加賀電子)の優勝スコアは通算12アンダーに。1994年の第14回大会から同コースで開催されているが、今年は第2日まで「伸ばし合い」となり、3日間競技で「カットライン=2アンダー」は今季4度目。要因はツアー全体のレベルアップで、それに対応していく36歳上田桃子(ZOZO)の“凄さ”を再確認した大会となった。(取材、文=THE ANSWER編集部・柳田通斉)

  • 少数派の大卒プロテスト受験者 5度目にして合格した26歳高野あかり、2つの「やっと」

    2022.11.11

    国内女子ゴルフツアーが活況を呈する中、今年も8月から日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)プロテストが実施された。今月1~4日には、茨城・大洗GCで最終プロテストが行われ、18位タイまでの計20人が合格者となった。1次予選からの総受験者数は、計649人で3.08%の超難関。そして、突破に至るまでには、それぞれのドラマがある。5度目受験の高野あかりは6位で合格。少数派の大卒受験者、遅咲きの26歳に今の思いを聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 4度目受験でプロテスト合格 22歳皆吉愛寿香、1年前の1次予選落ちから劇的成長の理由

    2022.11.09

    国内女子ゴルフツアーが活況を呈する中、今年も8月から日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)プロテストが実施された。今月1日から4日間、茨城・大洗GCで最終プロテストが行われ、18位タイまでの計20人が合格者となった。1次予選からの総受験者数は計649人で、合格率3.08%の超難関。4度目の受験となった22歳・皆吉愛寿香(みなよし・あすか=鹿児島高牧CC)は、18位で合格を果たした。21年度テスト1次不通過から、劇的な成長を見せて悲願成就。経済的に苦しかった4年間、家族との絆、成長の過程、ラウンド後に合格を知るまでの動きを聞いた。(取材、文=THE ANSWER編集部・柳田通斉)

  • 女子ゴルフの2位は「月曜から悔しさ増す」 優勝が近くて遠い藤田さいき、吉田優利らの渇望

    2022.11.08

    女子ゴルフの日米共催ツアー・TOTOジャパンクラシック(滋賀・瀬田GC北C)は6日、ジェマ・ドライバーグ(英国)の米ツアー初優勝で幕を閉じた。今季、惜しくも優勝を逃してきた永井花奈(デンソー)は2位、吉田優利(エプソン)は8位、藤田さいき(チェリーゴルフ)は14位と上位に名を連ねた。今季国内ツアーは残り3試合。勝ってシーズンを終えたいプロたちの思いと行動をまとめた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 愚直に努力する渋野日向子に必要な自信 スランプ経験者の先輩・宮里藍に聞きたいこと

    2022.11.07

    女子ゴルフの日米共催ツアー・TOTOジャパンクラシック(滋賀・瀬田GC北C)は6日、ジェマ・ドライバーグ(英国)の米ツアー初優勝で幕を閉じた。64位で終えた渋野日向子(サントリー)は、今季国内ツアーでの戦いを終了。出場した計3試合を取材した記者が、渋野の立ち位置、マインドを考察した。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 天才少女と呼ばれた金田久美子、33歳の復活V “もう一度、戦える体”を作った2人の存在

    2022.11.01

    女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日(埼玉・武蔵丘GC)は10月30日、33歳・金田久美子(スタンレー電気)が11年189日ぶりにツアー2勝目を飾り、幕を閉じた。1988年のツアー施行後、最長ブランク優勝。その復活劇を支えたトレーナーは、ツアー通算6勝の天沼知恵子(IMPACT A BODY)と競泳のオリンピアンだった。天沼に、体作りのサポートをした経緯とオリンピアンとの出会いを聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 渋野日向子が他選手のミスを期待しない理由 1年経っても変わらぬ「一緒に頑張ろう」の心

    2022.10.31

    女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日(埼玉・武蔵丘GC)は33歳・金田久美子(スタンレー電気)の11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランク優勝で幕を閉じた。今季から米ツアーを主戦場にし、5か月ぶりの国内参戦となった渋野日向子(サントリー)は9位。最終日には68をマークし、バーディーと笑顔で大勢のギャラリーを喜ばせた。そして、あらためて渋野の「人柄」と「思い」を感じた大会となった。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • “天才少女”金田久美子も陥ったスランプ 感覚頼りだったトッププロが理論に向き合う時

    2022.10.31

    女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日(埼玉・武蔵丘GC)は30日、33歳・金田久美子(スタンレー電気)の11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランク優勝で幕を閉じた。深刻なスランプを乗り越えての2勝目だったが、会見では「感覚でゴルフをやっていたのに、感覚を失った時期もあった」と明かした。そして、さまざまなアドバイスを受けてきたという。世界ランキング日本勢最高位の畑岡奈紗(アビームコンサルティング)も、コーチのアドバイスで初めて知る「スイング理論」があったことも口にした。トッププロが「理論」に向き合うタイミングと理由について考察した。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 岩井千怜は「背中」、竹内美雪は「左目」 女子ゴルファーの言葉に感じたヒントの数々

    2022.10.25

    23日まで行われた女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUPマスターズGCレディースは、19歳ルーキー・川崎春花(フリー)のツアー2勝目で幕を閉じた。今大会の取材を通じ、出場者から一般ゴルファーにとっても「ためになる話」がいくつか聞けた。ショットの際に「背中」「左目」など選手がそれぞれに意識し、工夫しているポイント。その一部を紹介する。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田通斉)

  • プレーオフの可能性あった佐藤心結 練習を止め、川崎春花の2勝目を見届けた理由とは

    2022.10.24

    23日まで行われた女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUPマスターズGCレディース(兵庫・マスターズGC)では、19歳新人・川崎春花(フリー)が通算15アンダーで6週ぶりのツアー通算2勝目を挙げた。同学年の佐藤心結(ニトリ)は、1打差で2位。クラブハウスリーダー(ラウンド終了時で最も良いスコアの選手)として、プレーオフに備えてパッティング練習をしていたが、川崎が最終18番パー4に入るとパターをゴルフバッグにしまった。その理由とは。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 女子ゴルフ岩井姉妹、活躍の裏に地元練習場の61歳 コーチ契約じゃない“心のオアシス”

    2022.10.18

    16日まで行われた女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディース(千葉・東急セブンハンドレッドC)は、古江彩佳(富士通)の大会連覇で幕を閉じた。20歳のルーキー岩井明愛(あきえ)は、最終日に7バーディー、ボギーなしの65で回り、通算15アンダーで2位。双子の妹・千怜(ちさと、ともにHonda)との史上初の双子姉妹によるツアー優勝は持ち越されたが、来季シード権獲得に大きく前進した。活躍の裏には、幼少期から姉妹を見守ってきた男性のサポートがあった。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 松山英樹に続く日本勢はいるか 可能性感じる中島啓太、久常涼らの憧れ「早くPGAで」

    2022.10.17

    米男子プロゴルフ(PGA)ツアー・ZOZOチャンピオンシップ(アコーディアG習志野CC)は16日、キーガン・ブラッドリー(米国)の優勝で幕を閉じた。前年覇者・松山英樹(LEXUS)は通算3アンダーで40位。「優勝以外は求められていなかった」と悔しがった。一方で、22歳・中島啓太(フリー)と20歳・久常涼(SBSホールディングス)は、通算9アンダーの12位と健闘した。今大会の日本勢には、他にも“ポスト松山”を感じさせる選手がいた。世界最高峰ツアーのPGAに強い憧れを抱き、メジャー優勝を本気で目指す若武者たち。彼らの動きと声を紹介する。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集