[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高校選びの記事一覧

  • 「迷いはなかった」 遠藤保仁、兄の背中を追った必然の高校選択「選手権でNo.1に」

    2021.11.25

    トップアスリートはいかにしてキャリアを選択してきたのか。日本代表歴代最多となる国際Aマッチ152試合出場、ワールドカップ(W杯)にも3度出場しているMF遠藤保仁(ジュビロ磐田)が、自身の進路選択を回想。41歳のレジェンドは、地元の名門・鹿児島実業高校への進学や横浜フリューゲルス入団を、自身の意志を貫いて決断しながら、偉大なキャリアを築き上げてきた。(取材・文=佐藤 俊)

  • 部活を巡る進路問題の「現状変えたい」 高校サッカー部紹介サイト運営者の使命感

    2021.11.22

    サッカー少年にとって、全国高校選手権は昔も今も変わらず憧れの舞台だ。多くの才能が強豪校の門を叩く一方、部活動には様々な課題も見え隠れする。その後の人生を大きく左右する「高校進学」が、幸せな選択となるために必要なことは――。全国の中学生年代の選手に向けて情報を発信する、元U-16日本代表GK中村圭吾さんの姿を追う「幸せな高校選びへの挑戦」最終回は、寝る間も惜しんでサイト運営を続ける理由に迫った。

  • 「学校からの苦情はウェルカム」 部活紹介サイト運営者が語る卒業生“口コミ”の力

    2021.11.14

    サッカー少年にとって、全国高校選手権は昔も今も変わらず憧れの舞台だ。多くの才能が強豪校の門を叩く一方、部活動には様々な課題も見え隠れする。その後の人生を大きく左右する「高校進学」が、幸せな選択となるために必要なことは――。全国の中学生年代の選手に向けて情報を発信する、元U-16日本代表GK中村圭吾さんの姿を追う「幸せな高校選びへの挑戦」第4回は、卒業生から寄せられる“口コミ”の力に迫る。(取材・文=加部 究)

  • 「母親と2人で接待を…」 元U-16日本代表GK、高校強豪校の熱烈スカウトに警鐘

    2021.11.08

    サッカー少年にとって、全国高校選手権は昔も今も変わらず憧れの舞台だ。多くの才能が強豪校の門を叩く一方、部活動には様々な課題も見え隠れする。その後の人生を大きく左右する「高校進学」が、幸せな選択となるために必要なことは――。全国の中学生年代の選手に向けて情報を発信する、元U-16日本代表GK中村圭吾さんの姿を追う「幸せな高校選びへの挑戦」第3回は、自身も経験した学校側の熱烈なスカウトとその危険性にスポットを当てる。(取材・文=加部 究)

  • “高校選び”は知名度より実情 部活紹介サイト運営者が実感「断然口コミが見られる」

    2021.11.03

    サッカー少年にとって、全国高校選手権は昔も今も変わらず憧れの舞台だ。多くの才能が強豪校の門を叩く一方、部活動には様々な課題も見え隠れする。その後の人生を大きく左右する「高校進学」が、幸せな選択となるために必要なことは――。全国の中学生年代の選手に向けて情報を発信する元U-16日本代表GK中村圭吾さんの姿を追う「幸せな高校選びへの挑戦」第2回は、“口コミ”が持つ力に迫る。(取材・文=加部 究)

  • 「不幸せな人が85%」 元U-16日本代表GK、高校サッカー部紹介サイトを作った理由

    2021.10.30

    サッカー少年にとって、全国高校選手権は昔も今も変わらず憧れの舞台だ。多くの才能が強豪校の門を叩く一方、部活動には様々な課題も見え隠れする。その後の人生を大きく左右する「高校進学」が、幸せな選択となるために必要なことは――。自らの経験をもとに、全国の中学生年代の選手に向けて情報を発信する元U-16日本代表GKの姿を追った。(取材・文=加部 究)

  • 私が「通信制高校」を選択したワケ ゴルフ畑岡奈紗、進路に悩むジュニア世代への言葉

    2020.12.16

    今、日本女子ゴルフ界を大いに盛り上げている「黄金世代」。1998年4月から99年3月生まれの同学年には、昨年の全英オープン覇者・渋野日向子、今年の日本女子オープンの勝者・原英莉花の他、勝みなみ、河本結、小祝さくら、新垣比菜、大里桃子ら、日本ツアー優勝経験者が名を連ねる。実力と話題性を兼ね揃えた黄金世代の中でも、抜群の安定感で頭一つ抜き出た活躍を見せるのが、世界ランキングで日本人トップの7位につける畑岡奈紗だ。

  • 高校のスポーツ留学と地元進学 バドミントン福島・廣田は15歳で2つの道に分かれた

    2020.07.15

    バドミントン女子ダブルスの東京五輪金メダル候補・福島由紀、廣田彩花(丸杉Bluvic)が「THE ANSWER」のインタビューに応じ、次世代のジュニア選手に向け、自身の進路選択について語った。同じ熊本出身で、青森の青森山田にバドミントン留学した福島と、県外と悩みながら地元・熊本の玉名女子に進んだ1年後輩の廣田。それぞれ15歳の時、対照的な道を選択した2人はやがて「フクヒロ」として世界ランク1位に上り詰めた。当時の高校選択の理由と、互いに選んだ環境で得たものとは――。

  • 「スポーツ1つに絞る選択はしたくない」 異色の国立大卒ランナー・鈴木亜由子の信念

    2020.07.09

    昨年9月に行われたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で2位となり、東京オリンピックのマラソン女子日本代表に内定した鈴木亜由子(日本郵政グループ)。5000メートルや1万メートルなど長距離トラックを主戦場としていたが、2018年に26歳でマラソンに転向した。人生初マラソンの同年北海道マラソンで優勝し、人生2度目のマラソンだったMGCで五輪代表権を獲得。2021年に迎えるは、東京オリンピックの大舞台になる。

  • 松井大輔が忘れもしない15歳の冬 海外挑戦か高校進学か、揺れた「1/2の選択」

    2019.12.24

    サッカー元日本代表MF松井大輔。希代のテクニシャンとして、その技術を武器に日本のみならず、フランス、ポーランド、ブルガリアと海外を渡り歩き、38歳となった今なお、Jリーグのピッチを走り続ける。そんな男がこのほど、「THE ANSWER」のインタビューに応じ、自身のキャリアからサッカー哲学まで、独自の思いを語り尽くした。

  • スポーツ名門校か、地元公立校か 神野大地が「潰れるリスク」覚悟し、貫いた高校選び

    2019.07.27

    アスリートのキャリアは選択の連続だ。トップ選手が人生を変えた“2分の1の決断”の裏側に迫る「THE ANSWER」の連載「選択――英雄たちの1/2」。次世代の中高生が進路選択する上でのヒントを探る。第3回は陸上長距離の神野大地(セルソース)が登場。後に「山の神」と呼ばれる男は、中学3年で「地元の公立校か、スポーツ強豪校」の選択を迫られた。

  • 家焼失、故障、親の反対… 川口能活は人生の岐路で何を貫き、決断してきたのか

    2017.11.12

    自身のサッカー人生を綴った著書「壁を超える」を上梓した元日本代表GK川口能活(SC相模原)。42歳にして今なお、ピッチに立ち続ける希代の名GKはいかにして、現在の地位まで上り詰めたのか。全4回にわたり探る連載。第2回は子供の頃を振り返り、プロ選手になるまでの道をどう選択してきたのかを語る。

  • 大阪の名門進学校から慶大、日本代表主将へ 「文武両道」を貫いた名ラガーマンの決断

    2016.08.06

    目標を持つと、人は頑張れる。ラグビーワールドカップ2015で旋風を巻き起こしたエディー・ジャパンの廣瀬俊朗は高校受験でその「成功体験」を得ることができた。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集